プロフィール

鈴木 幸広

≫ 詳細プロフィール

ホームページ

東京私塾協同組合

記事テーマ

日記 (0)

お得な情報 (0)

製品・サービス情報 (0)

バックナンバー

2017年 01月

2014年 07月

2010年 10月

2010年 09月

私立高校生への給付型奨学金制度の創設

2017年1月24日04:56:14

 1月20日、東京都の小池都知事が都独自の給付型奨学金制度を創設することを「東京都教育施策大綱」で発表致しました。

20170120tokyotokyoikushisakutaiko 

tokyokyoikushisakutaiko20170120(ファイルサイズ:1MB)

 正式には25日に発表されるようです。現在、都内の高校生には都立高校授業料分が世帯の収入に応じて給付されています(約7割の都立高校生が実質無料)が、私立高校生は都立高校との差額分は自己負担になっていました。政府安倍内閣も給付型奨学金が検討されていますが、東京都では2017年度(今年の4月から…今年の高校1年生から)私立の授業料に相当する(学校により学費が違うため十分でない学校もあります)約44万円を、世帯収入780万円以下の世帯の高校生に給付するものです。

 正直、子供たちにとっても、高校生をもつ親にとっても大変ありがたいことです。しかし、この段階での発表は、今受験を控えている中3生にとっては少々遅すぎます。あと1~2か月早ければ、年々厳しくなっている都立高校入試も、多少は私立志望に変更する生徒も出てきて、多くの受験生が泣かずに済んだかもしれません。現在、毎年約1万人の都立高校受験生が不合格になり涙を飲んでいます。たしかに、来年(現中学2年生)からは都立高校しか考えられなかった生徒も私立高校が選択肢に入り、実際に選択の幅、進路の幅が広がることは歓迎すべきことですが、制度が今年…今の中3生から適用になるなら、もう少し早く決めてほしかったというのは私だけの我儘な考えでしょうか?

 いずれにしろ、来年の入試には大きく影響を与えることになるでしょう。都立高校の倍率が下がる可能性があることで涙を流す生徒が減ること、本当に行きたい学校へ進学できる可能性が増すこと…とても楽しみです。

 ただ、一方で、東京都だけがこのような施策をすることにより、一段と地方との格差が広がり、さらには東京へ移住してくる世帯も増えることが予想され、東京への一極集中と地方の過疎化が輪をかけて大きくなってくるのではないか心配になります。東京に住み、東京で塾をやり、しかも東京の塾団体の長たる私がこんなことを言うと怒られるかもしれませんが、地方の過疎化と高齢化は大きな問題となっている中、日本全体を考えると両手を挙げて喜んでいて良いのかと不安になります。「ふるさと納税」など、地方活性化の動きも盛んになっている今、大きな視点で考えることも必要なのではないでしょうか。我々だけが喜ぶのではなく、日本全体に還元していけるようなことも考え、行動していかなくてはならないと考えます。

 また、一方で、恩恵を受ける子供たちも、「当たり前」という考えではなく(教育の機会均等はもちろん保障されなくてはなりませんが)、有難味を感じ、より勉学に頑張るという気持も必要なのではないでしょうか。東京の子供たちは、このような制度、塾や予備校などの環境…地方と比べると大変恵まれた環境にいるわけですから、そのことをしっかり胸に刻んで勉学に励み、いずれは日本のために力を注いでいける人間になってほしいと思いますし、そのように伝え育てていきたいと改めて意を強くしています。

東京私塾協同組合理事長  学習プラザ 塾長:鈴木幸広


20140622 卒業生との飲み会

2014年7月16日22:02:02

先日、今大学4年生の卒業生が何人か塾に報告に来てくれました。「先生、就職決まったよ!」と。一人は、小学校から高3まで通って来ていたI君。中1になった時はクラス授業にもついていけないのではないかと講師皆で心配していたのが、とにかく毎日の本人の努力でなんとかついていけるようになり、都立翔陽高校に進学、高校では3年間の平均評定4.7で指定校推薦も考えたが行きたい大学がないため一般受験で専修大学経済学部へ入学した。そして4年生になった今年の4月に、なんと一部上場企業の「JR東日本」に就職内定ということだった。また、もう一人は、中学1年生の冬期講習からやはり高3まで通ったH君。彼も乳塾当初の冬期講習では、計算テストで0点を取って100題計算の宿題を毎日出され、どうなるかと心配していた生徒。こちらもそれから頑張って、都立翔陽高校に進学、大学受験も頑張ってなんとか東海大学へ合格し進学したが、やはりこの4月に一部上場企業の「東急不動産」に就職が内定したという。たしかに、今年は昨年までの就職難からは良くなったとはいえ、一部上場企業への就職は楽ではない。それらの報告を聞いて「えっ?マジ?」が第一声だった。なんと失礼な話ではあるが、「すごい!やったね!」という気持ちがそんな言葉に現れてしまった。二人にごめんなさい。でも、やはり2人の大学での友達の就職活動状況や他の卒業生の志状況を聞いてみるとやはり、すごい!でしたね。長く通ってくれた生徒たちが、このような結果を作ってくれて本当に誇りに思った。おめでとう!

また、そのお祝いも兼ねて、その代の卒塾生たちと飲もうということになり、先日6月22日の日曜日に7年ぶりに集まり飲んだ。その代の生徒たちと飲みに行くのは初めてだったけど、全部で10人もの生徒が忙しい中集まってくれた。中には、もう看護師として就職して活躍している女の子なども、わざわざ池袋の職場から仕事が終わってから駆けつけてくれた。 これまでフリーターだったけど今予備校に通って、来年から看護学校へ行こうと勉強中の女の子も、勉強の合間を見つけて来てくれた。さらに、中3でやめてしまった当時問題児?だった男の子もなんと仕事を調整して来てくれ、8年ぶりの再会にビックリするとともに感激した。まだまだ…就活中にも関わらず時間を取って来てくれた子、院試を控えているのに勉強時間を割いて来てくれた子、バイトを終わってから短時間だけどわざわざ顔を出してくれた子…みんなありがとう!とってもとっても楽しかったし、皆の成長した姿を見て感激したし、まだまだ頑張らねばと力をもらったし…何といっても…2~3時間で帰るつもりが5時間以上も延長の延長…で飲みすぎてしまった…。でも、本当に楽しかったし嬉しかった!今度は、皆が決まった来年3月頃に必ずまた飲みたいね!残念ながら来れなかった人も…皆頑張れ!今度は会おうね!

長年こういう仕事をしていて一番嬉しい楽しい良かったと思える瞬間でした!

20140622-1 20140622-2


小平「親と子の『私立・都立中学高校受験相談会』」

2010年10月18日03:27:00

10小平相談会1

10月17日(日)小平にて、「親と子の『私立・都立中学高校受験相談会』」(小平会場)が実施されました。

参加校は47校、来場者数は昨年の3倍近い600名以上でした。多くの相談者が並んだ学校には、別室やロビーでの特設会場も用意したり、3:00までの終了時間を4:00まで延ばすなど、来られた受験生の方が十分満足のいく相談ができるよう配慮はしたものの、資料が全員にお配りできないことや場内の大混雑でなど、来場頂いた受験生の皆さんには十分な相談が出来たか心配、と責任者の長原(昌)先生も大変危惧と恐縮をしておられました。

小平会場は、東京私塾協同組合で実施する前から、地元の塾の先生方が、地元の受験生のみなさんのためにということで、私立と都立の両方を集めて実施してきました。途中、実施しなかった年もありますが、今年で10年目になりました。

今年は、その10年間の経験を生かし、東(区部)の九段下、中央(武蔵野ちく)の小平、西(多摩地区)の八王子と、全都をカバーできる3会場での実施となりました。

次回の11月23日(火・祝)八王子会場では、小平を上回る53校が参加します。九段下、小平の経験を生かし、既に会場の増設も行い、より満足のいける内容にして参りたいと思っております。是非、多くのみな様のご参加をお待ちしております。

10小平相談会2 10小平相談会3


「親と子の『私立・都立中学高校受験相談会』」九段下会場

2010年10月4日03:44:00

10相談会九段1 

今日10月3日(日)、今年で10回目となる「親と子の『私立・都立中学高校受験相談会』」のメイン会場である、九段下の「ホテルグランドパレス」で開催されました。今年は、メイン会場の九段下「ホテルグランドパレス」以外に、小平の「ルネ小平」で10月17日(日)に、八王子の「八王子学園都市センター」で11月23日(祝)に開催されます。

本日の九段下会場は、昨年の3倍近くの親子が来場。終了時間後も来場する方が見られるくらい、過去最高の来場者数となり大盛況でした。筆者、鈴木も「なんでも相談コーナー」の相談役として参加しましたが、「相談コーナー」も相談される親子で大盛況。予定の3人の相談人では手が回らず、協賛会社の吉村教育人材開発研究室の吉村代表にもお手伝い頂いたにも関わらず、並んで待っている方が後を絶たず、時間が過ぎても相談が終わらない程の混みようでした。諦めて帰られた方もいらっしゃったようで、そのような方には大変申し訳ないことをしました。小平や八王子、来年以降はこのようなことがないよう改めて準備をしたいと思います。

相談内容は、例年そうですが、今年も高校受験の方がほとんどで、都立の併願校の相談が大半でした。塾に通っている方が大半でしたが、今年は意外に未だに塾に通っていない方も多かったようです。近年、都立人気で受験生にとっては気の抜けない受験が続いています。自校作成校に至っては、一般入試でも4~5倍になる学校もあるくらいですので、併願の私立高校の決定も大変迷ってしまいます。このような相談会が、多くの受験生のお役に立てるよう、これからも皆さんのご意見も参考にしながら、より良いものにしていかなくてはならないと痛感しました。

10相談会九段2

 


八王子で初めての「受験相談会」

2010年9月29日23:38:03

組合では、今年初めて東京の西部、八王子で受験相談会を開催致します。

私立と都立が一緒の相談会は、塾団体では東京の「東京私塾協同組合」だけ。今まで、池袋や九段下でのみの開催でしたが、西部でも開催して欲しいとの声が多く、多摩地区でも開催することとなりました。小平では、何年も前から開催しておりましたが、広い範囲とは言えず、立川か八王子辺りでの開催が望まれておりました。計画から開催まで4~5年を経ましたが、やっと念願の多摩地区開催が実現できました。町田や八王子、府中、立川の「地域教育協議会」とも協力し、東京西部の子どもたち、学校のために全力で頑張りたいと思います。

今年は、初年度と言うこともあり、予想通り学校数はかなりの数に達しました。それだけ、望んでおられる学校が多いと言うことでしょう。後は、生徒の動員です。たくさんの方々に集まって頂き、活用して頂けたらと思っております。ただ、初年度と言うことで、知名度も薄く頑張らないとそう簡単には集まって頂けないでしょう。皆さんのお力もお借りし、多くの方が起こし頂けるようにしたいと思います。

組合に限らず、ご興味、関心のおありの方はお気軽にご連絡頂き、ご協力頂けましたら幸いです。

「親と子の『私立・都立中学高校受験相談会』」八王子会場実行委員会委員長・「学習プラザ」塾長:鈴木幸広


2010合同合宿で1

2010年9月29日23:35:00