TOP > 顧問、相談役委嘱規程

顧問、相談役委嘱規程

(目 的)
第1条 この規程は、定款第32条 に基づき顧問及び相談役を委嘱する場合の基準、方法その他委嘱に 必要な事項について定めたものである。
(顧 問)
第2条 本組合の顧問は、学識経験 のある者から選任する。
(相談役)
第3条 本組合の相談役は、次の各 号のひとつに該当する者のうちから選任する。
(1 )本組合の理事長として2年以上 就任した者。
(2) 本組合の副理事長として4年以 上就任した者。
(3) 本組合の理事として6年以上就 任した者。
(選任及び委暇の方法)
第4条 本組合の顧問及び相談役は、 前2条又は第3条に該当する者のうちから理事会の議決を経て、理 事長が委嘱する。
(顧問及び相談役の解任)
第5条 本組合の顧問及び相談役は、 理事会の議決を経て、理事長が任を解くことができる。
(顧問及び相談役の報酬)
第6条 本組合の顧問の報酬は、理 事会の議決を経て決定する。
第7条 本組合の相談役の報酬は、 無報酬とする。
(任 期)
第8条 本組合の顧問及び相談役の 任期は、次のとおりとする。ただし、再任を妨げないものとする。
(1) 顧  問 1年
(2) 相談役 2年
(顧問及び相談役の職務)
第9条 本組合の顧問及び相談役は、 理事長の諮問にこたえるほか、本組合の運営に関し意見を述べるこ とができる。
(総会等への出席)
第10条 本組合の顧問及び相談役 は、通常総会その他理事長が特に必要と認めた会議に出席し、議長 の求めに応じて発言できるものとする。
(その他)
第11条 本規程にない事項につい ては、理事会で決定する

付則
この規程は、平成21年7月9日から施行する。

TOP全国学習塾ネットワーク年間予定表イベント組合紹介教育・受験情報組合員のページ◎各種書類未加入の塾の方へ生徒・保護者のみなさんへ私立学校の先生方へ業者の方へ採用情報ブログ一覧理事SNSリンクHP内容問合せ資料請求ご意見・お問い合わせ