TOP > 慶弔内規

東京私塾協同組合慶弔内規

第1条 この内規は、東京私塾協同組合組合員、同一世帯の家族、その他の家族の慶弔について定める。この内規適用を受ける組合員は、その時点まで賦課金を完納している場合に限る。
第2条 組合員の結婚の際は、金10,000円、組合員子女の際は祝電、第一子誕生の際は、金5,000円を支給するものとする。
第3条

慶弔金は次の通りとし、他に花輪又は、生花を献花する。
① 組合員死亡の場合      金500,000円(受取人は民法の相続順位)
② 一親等(父母・子・配偶者)死亡の場合         金10,000円

第4条 組合員が傷病災害及び不慮の事故などに遭遇し、下記の定める内容に適合する場合、理事長、副理事長、専務理事で協議の上、見舞金を贈呈することができる。
① 1週間以上入院        金10,000円
② 塾舎又は、白宅の火災等災害   金10,000円~30,000円
第5条 本内規の運用は、専務理事の所管とする。
第6条 本内規に基づき、金品を受領した組合員は、その返礼を行わないものとする。
第7条 以上定めたほか、特に必要と認められた場合は、理事会で協議のうえ決定することができる。
(見舞金等の申請)
第8条 東京私塾協同組合福祉規定に該当する諸給付の請求については当該事 由発生後3カ月以内に事例に応じ次の書類をもって東京私塾協同組合事務局に申請する。
① 慶弔金等給付申請書
② 入院証明書
③ 死亡診断書
④ その他給付事例を判別する書類で組合が求めるもの

平成13年4月1日より施行

TOP全国学習塾ネットワーク年間予定表イベント組合紹介教育・受験情報組合員のページ◎各種書類未加入の塾の方へ生徒・保護者のみなさんへ私立学校の先生方へ業者の方へ採用情報ブログ一覧理事SNSリンクHP内容問合せ資料請求ご意見・お問い合わせ